食費を節約して苦労しながら家計の見直し

みんなの副業体験談まとめ

食費を節約して苦労しながら家計の見直し

32歳、会社員です。
去年の冬に、節約をするために1日3食の食事を自炊することを決めました。
冬は年末年始で長い期間旅行をしたり、お正月に親戚にお年玉をあげたりしてびっくりするほどお金がなくなってしまい、さらにプライベート職場問わず、忘年会や新年会と飲み会が何回も立て続けに開催され、ついに給料分ではお金が足りなくなり、貯金にまで手を出さないといけなくなってしまいました。
そこで、とにかく節約をしなくてはいけない!と思い、家計の見直しをしてみたところ、毎日の食費が普段からかなり多いことに気づきました。
朝ごはんは130円のヨーグルトをコンビニで買って食べて、昼ごはんは定食屋さんに行き700円ほどのランチを食べます。
1日に500ミリリットル130円のお茶をコンビニで2回購入し、夜はほとんど自炊をせず近くの飲食店で食べることにしています。夕飯は毎日食べる場所により値段が結構違いますが、平均すると昼ごはんと同じ700円くらいです。つまりこれらを合計すると、1日3食の飲食代におよそ1800円使っていることになり、1ヶ月31日だと月に55800円も使っている計算になります。
いくらなんでも、普段の飲食でここまで使っているとは・・・。
しかも、これは休みの日などにある飲み会の費用は含まれていないので、飲み会の費用などを含めるととんでもない金額になってしまう・・・。
家計を見直してみて、唖然としました。しかし、今振り返れば、いずれこのペースでいけば家計は破綻していました。
だから、冬に大きな出費が続いたことで、このことに気づくチャンスをもらったのだと思います。
まず始めたのは、朝ごはんのヨーグルトの節約。
コンビニで毎日130円で買っていたのを、スーパーで1個150円の大きなサイズのものに変えました。1個で3日分保つので、1日あたりのヨーグルト代は50円で済むようになりました。
次に始めたのが、徹底してお茶は家で作って持って来ること。
ティーバッグ入りの麦茶やウーロン茶なら、1リットルあたり5円以下で作ることができます。
水とガス代も含めて10円として計算すると、今までのコンビニで購入していた500ミリリットルのお茶2本、合計260円と比べると
同じ量で250円もの差が出ます。
多少味が落ちるのが難点でしたが、これだけ節約できるのなら問題ない!と思い、家で作るものに変えました。
昼ごはんは、家でごはん茶碗1杯分くらいの量のお米でおにぎりを作ったり、トーストに卵やお肉をはさんだものを作って職場に持参しました。1食100円くらいのコストになりましたが、十分お腹いっぱいになりました。
朝、昼ごはんを家で作って来るのがめんどくさい時には、あらかじめ職場の給湯室に置いてある自分のラーメン用の食器に袋の即席めんを入れ、お湯を注ぎます。
そして、そのままだと固くて食べられないので、そのまま電子レンジに入れて3分ほどあたためます。すると、どんな袋めんでもバッチリ麺がふやけて、食べられるようになるのです。
カップラーメンだと200円近くする場合がありますが、袋めんならカップラーメンと同じ銘柄のものでも100円以下でスーパーで購入できるので、かなり大きな節約になります。
夜ご飯も基本自炊に変えて、1食あたり200円くらいでおさまるようになりました。夜はめんどくさい時は外食にします。
あまり自炊にこだわると疲れてすぐに辞めてしまう恐れもあったので。
これらの節約のおかげで1日あたりの食費は平均360円くらいになり、1ヶ月で4万円近く出費が減り、かなり楽になりました。
これらのことは習慣化するまでがとても大変でしたが、最近は楽しく節約ができています。
ほんとは、本業が終わった後に1日30分くらいでできる副業なんかがあって、それで夕飯くらいはいいものを食べたいなー、と思うこともあります。
ネットでできる副業も増えているので、現在検討中です。
節約と、副業などをしてお金がもっと増えたら、月に一度くらいはミシュランで星がついているようなレストランなどに、妻と一緒に行って美味しいものを食べたいな、と思っています。