産休・育休中に給料があっという間に下がりました

みんなの副業体験談まとめ

産休・育休中に給料があっという間に下がりました

はじめまして。
私は29歳の会社員です。私には今もうすぐ2歳になろうとする可愛い子どもがいます。そして第二子もおなかに宿しています。非常におめでたいことではあるのですが、実はピンチです。

なぜかというと、慢性的な金欠だからです。私達夫婦は子どもができるまで別家計でやってきました。
夫の貯金額は把握していましたが、お互いのお金の使い方に口出しはしません。家賃などの固定費は夫、光熱費や食費などの変動費は私の担当でお金を出し合って生活してきました。ただそれが一変したのが妊娠・出産をしてからです。産休・育休中は健康組合から手当てが出るといっても数ヶ月に一度、しかも満額ではありません。毎月きちんと出るわけでも賞与があるわけでもないので貯金はみるみる減っていきました。
しかも職場復帰してみたら、保育園送迎の時短勤務のために毎日2時間の減給…保険料などを差し引かれるとお給料は、満額の1/2しか手取りでは残りませんでした。期待していた賞与に関しても、時短勤務だからという理由で支給額から25%カットされた状態で保険料などもさらに引かれて支給されます。まさに、すずめの涙状態です。
ただただ悲しい…でも別家計なのは変わらない我が家。本当に今、生活が苦しいのです。でもそれを夫に言うのがこわいのが現状です。だって恐ろしいぐらい貯金はもうないですし、仕事が好きなのに、少ない手取りで赤字になるくらいなら退職しろと言われかねないからです。なので、少しでも黒字にしようと必死で節約する日々です。

節約していて大変なのは、その苦労を周りに悟られないようにすることです。昔から金の切れ目が縁の切れ目といいますから、できるだけ夫や職場の人にはバレたくないのです。せめて貯金額をある程度戻してからじゃないと夫には相談できそうもありません。
ただ家族がいるなかで節約するのは至難の技ですから、節約ポイントは主に自分のことに限られます。

まず会社でのランチ代を浮かすためにどんなに疲れていても料理をし、手作り弁当を持参しています。飲み物もコンビニで買うのではなく、スーパーで箱買いです。
それまでお弁当¥450(近場の最安値のお弁当)と飲み物¥150(500mlボトル)で1日に¥600使っていたところをお弁当と飲み物代を食費から捻出することで1日¥600の支出をそっくりそのまま浮かすことができます。どうしてもご飯が作れない時には、ご飯のみをタッパに入れて持参し、コンビニの¥108のカレールーを買って食べています。ひもじい…でも安いです。

美容室も、髪を伸ばしたいからという理由をつけて頻繁に行くのをやめました。最後に美容室に行ったのは10ヶ月前になります。前髪のみ自分で切って、後ろ髪は伸び放題です。

もちろん服も古着屋さんを多用していますし、子ども用品もなるべくフリマサイトを活用しています。全体の食費を抑えるために買い物は週に1度、献立を決めて、買うと決めた食材のみをまとめ買いをして平日に買い物に行くことはありません。こうしてチマチマと確実に節約をしているのです。

お金がない現状はつらいですが、節約が楽しいと感じる時もあります。家計簿を眺めていると頑張った証が目に見えてわかりますし、古着屋さんやフリマサイトで掘り出し物があるとつい興奮してしまいます。

実は私の会社は副業が可能なので節約ではなく、別なところでお金をもっと稼ぎたいとも思うのですが、なかなかこれというものはありません。平日は普通に働いていますし、子どもがいるので休日も自由がききません。
フリマサイトなどが今は盛んなので時間があったら、ネイルチップやオリジナルアクセサリーなどの作成をしてフリマサイトで売り出してみるのも楽しそうだなと思っています。

本当に…食事にしても、自分の美容代にしても、お金がもっとあって今している苦労や我慢が少しでもなくなればどんなにいいかなと思います。
きっとお金がなくて苦しいのは、今がピークかなと思うので頑張って節約して、子どもが自分の手から離れる時には楽をしたいなと思います。