旦那がニートになり一気に生活が変わりました

みんなの副業体験談まとめ

旦那がニートになり一気に生活が変わりました

年齢22歳、職業は専業主婦です。
節約しなければいけなくなった理由は、旦那の急に仕事を辞めて、ニートになり私が妊娠してしまったこと、仕事探しをして県外の仕事が決まって引っ越しすることになってしまったので、貯金を使い果たしての移動となりました。その時から節約は始まりました。
お金を節約して大変だったことは、家電製品が買えなくて、2ヶ月くらいは家電製品がない生活をしていました。夏になり暑い中クーラーがなく、うちわで扇ぎながら生活していました。ましてや、夫婦喧嘩が増えました。少しお金を使うと、無駄遣いと喧嘩になったり、飲み会などで出て行く出費に苛立ちもありました。
節約は楽しいものではなかったです。
常に通帳や財布の中とのにらめっこ状態で、家計簿を毎日つけてお金のことで一日中考えていました。欲しい物を買えずに食べたい物を買えずに我慢ばかりの生活でした。水道代を節約するためにも2日に一回入るペースで夏は、タオルを濡らして拭いたりして少しでも貯金に回せるように生活していました。子供にミルクを買ってあげたいけれどお金がなくて買ってあげれない状態が続いたため、体力的にも限界でした。子供の服なども買うことができなかったので、周りに催促して服のお下がりをもらったり、必需品は周りから貰うことでしのぐことはできました。でも、子供の服はやっぱり親が選んで着させてあげたいけれど、その願いは叶いませんでした。育児でも生活でも息抜きの一つもなく、ノイローゼになりかけていました。誰にも恥ずかしくて相談もできずに、我慢している生活でした。
節約でも間に合わず、私も妊娠して働きたくても働けなくて、持病もあるため自宅安静のため、在宅ワークをしています。内職をしようと思っても思うようにうまくいかず、携帯でポイントを稼いで現金に換えたり、記事を書いてお金に変えたりしていました。出産後は仕事をしようと思っていたのですが、別の持病が見つかり自宅で安静して通院という形になり今もポイントを変えたり、記事を書いたりして貯金して子供のワクチンの費用などをそこから出しています。
お金があったらしたいことは、子供の服を買ったり、せっかく県外に出てきたのに、観光すらできずに病院とスーパーを二年間行くことしかしていないので、遊園地や動物園や水族館など遊びに行きたいと、県外に出てきて食べたことのないご飯は沢山ある中で、食べたいなと思い食べれてない食べ物や飲み物があるためそういう物を購入して食べたり飲んだりしたいです。
ホテルや旅館などに泊まって夜景などみたいのもあるし、ディズニーランドやUSJ行って一日中遊びたいです。
お金があれば、あれもこれもやりたいという事があるため、欲だらけです。
子供のことについて困っていることは、今もなお節約の生活は続いています。大きくなるに連れてお金はどんどんかかるのもわかっているのと、大学までしっかりいかせてあげたいのもあり、それまでに何千万というお金がかかるため、考えどきです。
節約について、お金を貯めることにつれて、不安になることもあります。生活がキツキツなのですが、このまんまでもいいのかとか、この金額でもいいのかとか考えてしまいます。貯金額をみてどのくらい貯めていいのかや、貯め始めてどんどん不安になっています。夫婦で貯金しているのですが、私が我慢している中、旦那は好き放題しているため、それに対しても嫌気はさします。夫婦で共に我慢して貯めるならまだしも、旦那は好き勝手して、子供には我慢させてそのお金を遊びたいにしているのに飽き飽きします。お金に対しては夫婦の中で亀裂ができるのも事実です。