夫のある趣味が原因で節約が大変です

みんなの副業体験談まとめ

夫のある趣味が原因で節約が大変です

私は30代の主婦で、夫はごく一般的な会社員です。
我が家は常に貧乏です。私の服などここ数年、大きくなった姪っ子達のお下がりでもらった分が増えたくらいで下着一つ買っていません。子ども達の洋服も姪っ子達が数年前に着ていた物のお下がりです。
食費も節約するために夫がいない日は「おにぎりパーティー」という名称の、おにぎりのみを好きなだけ食べる貧乏ディナーやあまり野菜を刻んで入れたチャーハンなどで済ませています。
子ども達の飲み物はお茶ですら無く水道水がほとんどで、水筒にもいつも水道水をじゃばじゃば入れて持って出かけています。
普段の食生活もその時家にある食材と豆腐やもやしなどの節約食材を組み合わせてどうやって家族を満足させられるかを考えるのが毎日テーマです。
子ども達をつれて出かける週末のレジャーはほぼ近所の公園や図書館、夏は川遊びです。
車もここ10年以上同じ軽自動車に乗り続けています。
贅沢など言い出せばきりが無いのはわかっているし、今あるだけのお金でどのようにしたら楽しめるか、を考える節約生活も大変ではありますがそれほど苦ではありません。
ですが、ママ友のランチの誘いをいつものように理由をつけて断ったときやたまにスーパーなどで「これを買ったら子ども達が喜ぶだろうな」と思うような食材をあきらめて帰宅した時など夫が「新しいフィギュア出てたよ~」などと言いながらルンルンで袋を下げて帰宅すると節約するのが嫌になります。
普段は節約していてもそれなりに生活は楽しいのですがそんな時は節約生活が楽しくない、もっと自分が自由に使えるお金が欲しい、と思います。
我が家のお金が常に不足している原因はただ一つ、その夫の趣味にあります。
夫の趣味は、アニメやゲーム全般です。いわゆるオタクと呼ばれる人間です。それに付随する物にも良くお金を使います。結果、我が家にはプラモデルやフィギュア、漫画やゲームなどがあふれています。最近ではプラモデルを塗装するための工具や塗料まで買い集めています。
夫は特に限定という言葉に弱く、以前に買った物と同じような物(にしか私には見えません)でも初回限定、とか受注生産、とか予約限定、とか~点限定、などという形での販売があるとすぐに飛びついてしまいます。そしてそのような物に限って~万円と高額な物であることが多いのです。
一応お小遣い制で、夫は月額20000円以内であれば自由に使って良いと言うことにしているのですが、私に黙ってこっそりネット通販などで購入して引き落としなどにされるのなかなか歯止めがききません。
本音を言えば子ども達を遊園地や水族館に連れて行ってやりたいし、かわいい服も靴も買ってやりたい、下の子がやりたがっている習い事もさせてやりたいのですが今現在はそれらはほぼ我慢をさせている状態です。 子ども達にお金がないからと言う理由で納得してもらうことが節約生活の一番大変なことです。
今は少しでも生活の足しにしようと在宅で内職をしていますが、子ども達がもう少し大きくなって留守番できるようになり、預けるお金を考えなくても良くなった時には外に出て働きたいと思っています。
お金にもう少し余裕ができたら子どもに習い事をさせたり、年に一度は近くでも良いので家族旅行をしたいと思っています。今まで実家への帰省以外に家族で泊まりがけの旅行をしたことがないので、ぜひ子ども達に家族旅行やキャンプや釣り、遊園地などいろいろな楽しい体験をさせたいです。
とはいっても夫のお給料はここ数年ほとんど上がっていませんし、公共料金も値上がりしていますし、習い事もさせていないのに食費始め子ども達の教育費は上がる一方なので少々収入が増えたぐらいではあまり色々なことはできそうにないのですが。