副業のライティングからアフィリエイトにチャレンジ

みんなの副業体験談まとめ

副業のライティングからアフィリエイトにチャレンジ

私は、現在49歳、会社員です。地方都市の中小企業ではありますが、それでも社名を出せば地元の方であればご存じの方が多い会社に努めています。入社以来25年、現在は中間管理職です。
副業を始めてみようと思ったのは、もともと副業に強い関心があったわけではないのですが、通勤時間にスマホをいじっていて、いわゆるお小遣い稼ぎのサイトを見つけたことがきっかけです。ちょっとしたクイズやアンケート、会員登録をするだけでお金がもらえることを知って、ネットで他にどんなことがあるか調べるようになりました。
ネットサーフィンをしていたところ、お小遣い稼ぎから副業という言葉に行き着き、ネットせどりやアマゾンせどりと言った言葉を知るようになりました。そうした言葉を知ってからあらためて書店に入ってみると、今まで気づきませんでしたが、副業に関する書籍が非常に多いことに驚きました。特に、転売については多くの方がやられているんだと思い、大変驚きました。最近ではメルカリのテレビコマーシャルをよく見かけるようになったので、ますます広がるかもしれません。
私も早速転売に挑戦してみようとメルカリに登録まではしたのですが、どうも女性向きというか、若者向きというか、自分の周りで売れるものが都合良く見つからずに、結局眺めるだけになってしまいました。面白そうとは思いながらも行動に移せませんでした。そのうちに行動に移せないということは、自分に合っていないことなのではないかと考えるようになり、一気に熱が冷めてしまったのです。
しかし、それでもしがないサラリーマンとしては、少しで自分の自由になるお金がほしい欲求に駆られ、新たな副業を探してみました。そこで見つけたのがwebライティングです。クラウドソーシングでのライティングで、簡単な文章でも数百円で買い取ってもらえるとわかった時、「これだ!」と飛びつきました。会社でのほぼ半日はパソコンに向かってメールの送受信です。会議が近くなれば、報告書、プレゼン資料作成と、パソコン作業は毎日あたりまえのこと。キーボードを打つ速さもそれなりに自信がありました。何より、タスク案件を探すだけでも、日記をかいてくれとか、体験談募集とか、本当にいろいろな案件があり、ちょっと仕事を探しただけでも何かしら書けそうなものが見つかるところが気に入ってます。
実は、このライティングを初めてまだ1ヶ月なので、稼いだ額としては数千円と言ったところです。ようやく、作業のペースがつかめてきて、毎日の生活の中に作業時間を確保できるようになり、より楽しんでいる最中といったところです。通勤時間中に、自分にあったライティング案件を探し登録しておきます。昼休みに再度案件内容を確認。退勤後、その日のうちに1,2件のライティング作業をすると言った具合です。今では、ライティングする時間を少しでも稼ぎたくて、無駄に残業をしなくて済むように、本業の仕事も効率的にすすめるようになってきました。一応管理職なので、いくら残って仕事をしても残業代が出ません。本当に馬鹿らしく思える時もあります。それに比べ、僅かな金額とはいえ、自分の作業が目に見えてお金になるのは、モチベーションを高めるのにうってつけです。これからもっと案件の処理件数を増やして、月々のお小遣いと同額程度は稼げるようになりたいと思います。そして、その中から少しずつ元手をためて、更に大きな稼ぎができる副業へチャレンジできればと夢をふくらませています。
また、文章を書くことはそれほど苦ではないので、今後は、ライティングと並行して、アフィリエイトなんかにも取り組めればと考えています。なかなか稼げないとも聞くのですが、そこはあくまで副業です。本業ではないので、難しいとわかれば、また別のものを探したいと思います。きっとそうしてくりかけしているうちに多動力がついて、チリツモでそこそこ稼げるようになれるかもしれません。
ライティングは、副業というよりなにか秘密の趣味を見つけたような気分で、今毎日とても楽しんで取り組んでいます。