副業に時間を割けないので稼げない

みんなの副業体験談まとめ

副業に時間を割けないので稼げない

現在は副業をしていませんが、学生のころファミリーレストランでアルバイトしながら別の副業をしていましたので、その経験を記述します。
・年齢、職業
38歳、システムエンジニア
副業をしていた当時は、19歳の学生
・どんな副業をしているのか?
データ入力
・いくらぐらい稼いでいるか?
月に2万円ほど
・副業歴は?
2年間やっていました
・副業に取り組んだきっかけは?
空いてる時間を有効に使うためです
・今後は副業でどのくらい稼いでいきたいか?
月に3万
学生のころ、一人暮らしでお金がなかったためファミリーレストランでアルバイトをしていました。そのアルバイトは毎日働けるわけではなく、働ける時間が限られていました。学校とアルバイト以外は家にいることが多く、特に趣味もなかっため時間がもったいないと思い、家でできる副業を探しました。そこで見つかったのがデータ入力の副業でした。業務内容は、ある記念館の来客名簿に記載されている「名前」、「住所」、「電話番号」をExcelに入力して表にするデータ入力作業でした。その記念館はどこかの天下り先施設だったようで、資金があったらしくデータ入力の仕事としては1件15円と、ありがたい報酬でした。当時はコンピュータ関係の学生だったため、部屋にパソコンもありExcelもインストールされていたため初期投資は0円で済みました。仕事の内容としては、記念館に行き(行くまでの交通費は支給されました)、事務の方から名簿を受け取り、提出期限が書かれた用紙を受け取るだけで、あとは家でコツコツをデータを入力するだけの作業でした。しかし、その名簿が厄介で、名簿に記載されている手書き文字は記念館に訪れた方がご自身で書いているため、1行1行字の癖があり、達筆すぎて読めない文字などもありました。どうしてもデータ化できない部分は名簿に付箋を貼ることで回避できましたが、1件15円なので頑張って読み取る努力をしていました。慣れるまでは効率が悪く、1時間データを入力しても700円以下の量でしたので、時給700円という安すぎる結果になってしまいました。また、家で作業するため、どうしても休憩が多くなってしまい、テレビを見ながら作業してしまったり、行き詰るとインターネットを閲覧してしまったり、時給にすると悲しくなるような報酬になってしまいました。同じ作業の繰り返しなので飽きるのもありましたが、提出期限が決まっていたため頑張るしかありませんでした。副業を始めた当初は、空いてる時間にたくさんやるつもりでしたが、それはやめて、1日のうちで集中する時間を作って作業するようになりました。最初に受け取った分の名簿を全てデータ化し、名簿とExelファイルを提出すると、記念館でデータ内容を自動チェックして、間違った住所などを手直しする作業も発生しました。1冊の名簿をデータ化すると、約3000円になることがわかり、それからは持ち帰る名簿1冊が3000円に見えていたように思います。最初の月は作業量が不明だったため、名簿2冊だけの対応だったため、5000円少々の収入にしかなりませんでしたが、作業量を把握できてからは月に2~3万円は稼げるようになりました。メインのアルバイト収入が月に約3~5万円、副業のデータ入力が月に2~3万円稼げるようになりましたので、学生の一人暮らしとしては少し贅沢な生活がおくれるようになりました。副業に慣れてきた頃には、時給に換算すると1400~1500円になっていましたのでメインで働いていたファミリーレストランのアルバイト時給を超える結果になってしまい、結果、ファミリーレストランのアルバイトをやめて副業が副業でなくなってしまいました。家でできる仕事なので対人関係のストレスもなく、慣れてしまえば時給もよく、自分の部屋で遊んでしまう誘惑にさえ勝ってしまえばとても良い副業でした。ノートパソコンと名簿と付箋さえあればどこでも作業できてしまうのも魅力の一つでした。最終的に、学校を卒業して就職するギリギリまで副業のお世話になりました。その同じ副業をする人と接する機会はありませんでしたが、主婦の方が月に10万近く稼いでいると教えてもらった時は驚きました。もし、同じ副業を今やるとしたらExcelに住所を自動で入力するマクロなどを組み込み、作業効率を上げて時給をもっと増やせると思いますが、副業に手を出す時間がないため諦めています。