アルバイトよりも今は在宅で仕事をして稼いでいます

みんなの副業体験談まとめ

アルバイトよりも今は在宅で仕事をして稼いでいます

私は現在49歳で、職業はフリーライターです。
今は副業をやっていませんが、以前は派遣社員だった頃に副業をやっていました。

仕事は掃除のアルバイトでした。
週に3~4回程度で毎回1時間程度の仕事でした。

バイト先が家から近かったこともあり、昼間の仕事が終わった後でもできる仕事でした。
収入は月に2万円程度でした。

それほど収入は多くはありませんでしたが、それでも月に2万円の副収入は私にとってはありがたい金額でした。
時には本業が忙しくなり、収入が増えると、副業も併せてかなりの収入を得ることができました。

収入も仕事も比較的安定した副業だったのですが、年中休み無しということで、泊まりがけでどこかへ出かけることができませんでした。
お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどは長期間本業が休みになっても、副業は仕事があります。

その為、いつも体調を整えておき、仕事ができる体制を取っておかなければなりませんでした。
元日には仕事が入りませんでしたが、年末は夜に仕事が入り、忙しい年越しだったのを今でも覚えています。

1日で2つの仕事を掛け持ちすると、どうしても睡眠不足になってしまいます。
本業は朝早く家を出なければいけなかったので、夜間の副業との掛け持ちは徐々にキツくなっていきました。

その為、休日の昼間は家で寝ていることが多くなっていきました。
遊びにも行けずにストレスも溜まっていきました。

ちょっと出かける程度なら良いのですが、本業も副業も体力を使う仕事だったので、休日はなるべく体力を消耗しないようにして過ごしました。

約1年このバイトを続けましたが、昼間の仕事が忙しくなってきて、残業もあるようになったことで副業の方を辞めることにしました。

この副業をはじめたきっかけは本業だけではギリギリの生活だったので、少し余裕のある生活にするために副業を始めました。
副業の収入が増えた分、全体の収入は増えましたが、食費が大幅に増えてしまいました。

できるだけ時間を作るためにも、夕食を作ることが少なくなり、ほとんど出来合いのものを買って食べるようになりました。
お腹が空いていると体力仕事では体が動かなくなってしまいます。

そのため、食べたいものを食べたい分買って食べるようになっていきました。
気がついたら、副業を始める以前の3倍の食費がかかるようになっていました。

私はこの副業以前にもネットを使った副業をやっていたことがありました。
しかし、収入が思ったよりも少なかったことと、自分の都合でやったりやらなかったりしたことで、安定した収入には結び付きませんでした。

掃除のバイトはシフト制ですし、必ずやらなければいけないという義務感もあったので、その点では安定した収入に繋げることができました。
副業はどんな仕事でも、メリットとデメリットがあります。
それは実際に経験しないと見えてこない部分も多いと思います。

今後も副業は考えていますが、副業として考えるのではなく、本業を2つ3つ並行してやっていくのも良いかなと思っています。
やりたい仕事はあるのですが、スキル不足でまだ仕事としては成り立っていません。

今後はそれを仕事にしていくためにも、収入は副業程度でも、気持ちは本業のつもりで取り組んでいけたらと思っています。
今はネットを使った仕事がメインなので、今後もこのスタイルは変わっていかないだろうと思っています。

今はライターの仕事がメインですが、今後はデザインなどの仕事もできたらと思っています。
以前、ネットの副業でアフィリエイトをやったことがありましたが、あまり自分には向いていなかったような気がします。

どの仕事も向き不向きがあるので、まずは興味があったらやってみて、向かないと思った時に辞めても遅くはないと思います。
今後も興味のある仕事をいくつか掛け持ちでやっていきたいです。