子供の養育費と老後の資金のために共働きをした結果

みんなの副業体験談まとめ

子供の養育費と老後の資金のために共働きをした結果

私は現在49歳で事務のパートをしています。
仕事は1日8時間週5日の勤務でいわゆるフルタイムパートです。
ずっと日々の生活に一杯一杯でなかなかまとまったお金が貯められないのが悩みです。
結婚後は共働きをして生活していく予定でしたが、間もなく第一子を妊娠して、独身の時の貯金は3歳位までの子育て期間で使い果たしてしまいました。
更にお互いの実家も遠方にあり帰省だけでも何十万とかかってしまうのも結構な負担でした。
お盆とお正月に帰省して、その度貯めた貯金が無くなるといった感じでその度、万一何かあった場合、全く余裕のない状態である事にとても不安を感じていました。
それでも第一子が保育園に入れる年齢になったら何とか近くの保育園に入れ仕事を始めました。
保育園は仕事にまだ就いていなくても時間単位で預ける方法が出来たのでそちらを2ヶ月位利用して、その後正規に入園しました。最初の2ヶ月は結構な割高になってしまいましたが、そこは初期投資と割り切りました。何の資格もない私でしたがハローワークで運良くフルタイムのパートを見つける事が出来ました。
そしてしばらく働いた後、第二子出産で退職となるのですが、当初職種は工場の軽作業で立っての作業もある仕事でしたが、途中から会社の配慮で経理の仕事に移動させてもらい妊娠8ヶ月まで働かせてもらいました。
その後、引越しを経て第二子が保育園に入園出来る年齢になったらまた別のパートを見つけ仕事を再開し仕事と子育てを両立してきました。
やはり子供にお金がかかる事、帰省にお金がかかる事が長年の悩みでしたが、「今は人生で一番お金が出る時期だから」と自分に言い聞かせて何とかその都度乗り切りました。
現在第二子も大学に入学して、このまま共働きを続ければ4年間の学費は何とかなる状態まで落ち着きました。
そこで、次は考えなくてはいけないのは老後資金の問題です。
現在子供の入学資金に貯金は使い果たしてまたほぼゼロからのスタートになってしまいました。
そんな私が出来る事で一番の効率が良い事はやはり収入を増やす事です。実は現在の職場は既に10年以上働いているのですが、基本週5日勤務はずっと変わらないのですが、勤務時間は子供の年齢や習い事などに合わせ、1日6時間から8時間と流動的な契約でやっていました。
ここ何年かは1日7時間勤務だったのですが、第二子の大学入学をきっかけに会社にお願いして1日8時間勤務にしてもらいました。
これで、収入を増やす事が出来たと思ったのですが、会社の業績が余り良くなく、ボーナスが減少してしまいました。
しかし、先に勤務時間を増やしていた事によりダメージは少なくすみました。
次に子供の手が離れ家事の時間が減少するので副業も始めました。
とりあえず、どのような物かお試しでクラウドソーシングを始め2ヶ月経とうとしています。
今はお小遣い稼ぎ程度でしかありませんが、メインの仕事以外に何かあるというのは心強いものがあります。
その他、条件が合えば別のアルバイトも考えています。
何よりメインのパートの仕事は有難い事に体に負担がかかりにくい事務職で、61歳の定年まで勤務可能なのでそれまで働くつもりでいます。
その後は1年契約で、少し賃金は下がる可能性がありますが2、3年は延長可能のようです。
現に別の支店の女性事務員も定年後延長契約し現在も勤務しているので、これも心強い事の一つです。
できれば、定年までに私が一千万、夫が二千万の合計三千万の貯金があれば地方在住で住宅ローンもない私達には将来の不安が解消される安心の額かなと思っています。
年金は2人合わせると現在の金額で月20位の受給だと思われます。
ちょっと甘いかなとも思いますが、地方で贅沢せず健康に気を付けて、70歳位まで簡単なアルバイトも続けるといった計画でいれば何とかなるかなと思います。
ただ病気になってしまったらという不安はあります。
その為家計に負担が無い範囲で保険も見直しながら加入し続けないといけません。
私のような資格も手に職も無い女性の方にアドバイスするとしたら、結婚しても子供を産んでも途切れ途切れでも良いので、働き続けた方が良いという事です。
そして厚生年金に加入出来る働き方をなるべく続けて欲しいと思います。将来年金破綻だからと扶養に入って短時間のパートをしていたら、ステップアップする事も、高齢まで安心して働ける仕事に巡り合う機会も逃してしまいます。
将来の不安を解消するには収入を長く得る努力をする事だと思います。