両親の年金がなくなるのが不安です

みんなの副業体験談まとめ

両親の年金がなくなるのが不安です

私は現在51歳の女性です。
20年間パートで働いています。
結婚はしなかったので子供はいません。
年老いた母親と二人暮らしです。
今は母親の年金があるため私がパート勤めでも生活には困っていません。
しかし母親が亡くなったら私の給料だけでは大変だと思います。
私は20代で難病になったため、正社員では働けなかったのです。
それでも40代の半ばまでは特に将来の不安は無かったですね。
40代の時にふと、この先ずっと一人だったら幾らかかるんだろうと調べてみたのです。
厚生年金は月に9万ほど支払われる事が分かりました。
これでは到底生活出来ません。
そこで平均年齢まで生きる事を考えて足りない分を試算すると2000万以上の貯金が必要だと知りました。
そこで初めて焦ったのです。
私はあまり無駄使いをする方ではないので貯金もその時点で500万ほどありました。
しかし2000万をそれから貯めるには年間100万は貯めないと無理でしょう。
そうすれば60までには何とか貯まる計算です。
しかし、それまでに母が亡くなれば貯めるチャンスは無くなってしまいます。
私が60歳になる時母は90歳。
それまで生きていてくれるかどうか甚だ疑問です。
とにかく、それからは生活を見直して少しでも貯金が増えるようにやってきました。
具体的には給料からの天引き貯金や金利の良い定期預金への預け替えなどです。
それまでは気軽に物を買っていましたが特に必要もないものは買わないようになりました。
そうやってコツコツと貯金を増やしてきたのですが、ここへ来て新たな不安が出てきました。
それは私の勤める工場の業務縮小です。
ダイレクトメールを作っている工場ですがスマートフォンが普及し、ダイレクトメールをそれ程使わなくても宣伝が出来るようになってきたのです。
ダイレクトメールは制作にも郵送にもコストがかかります。
大抵は読み捨てられるものですね。
資源の無駄使いでもあります。
そんなわけでこの業界は仕事が減っているのです。
長年勤め、定年までいるつもりでしたが仕事が減り作業するものが無くなると休みになってしまいます。
パートですから休みになればお給料にはなりません。
その分の穴埋めをするためにスマートフォンでクラウドワーカーを始めました。
文章を書いて小銭を稼いています。
大体ひと月10000円といったところです。
しかしそれも、いつも良い仕事があるとは限らないので派遣会社に登録して月に一、二度働いています。
他所の工場で働く事は緊張しますが良い刺激にもなります。
それで1から2万は増収が見込めます。
本来なら本業の工場が暇な時にも何かしら仕事をさせてくれれば良いのです。
それか思い切って景気の良い仕事に転職するかですね。
ただ50も過ぎるとなかなか勇気が無くなるのです。
長年いただけあって今の職場は居心地が良いですし。
今一番心配しているのは私が平均年齢より長生きしてしまう事です。
そうなると貯金は底を付きます。
持病があるのでそんな事はないと思うのですが、こればっかりは分かりません。
逆の発想で65を過ぎても何かしら仕事が出来るような体つくりをしておくというのもあるかと思います。
雇ってくれるところがあれば良いのですが。
そして少しでも貯金に手を付けるのを遅らせる事が出来れば何とかなるかもしれません。
今のうちに何か技術を身につけるのも良いかもしれませんね。
同じ悩みを抱えている人にアドバイスをするとすれば日々の節約はもちろんなのですが時間をお金に変える努力も有効ですよと伝えたいです。
節約だけでは知れているのです。
派遣のような単発の仕事に気軽に入れるものはオススメです。
ちょっと1日空いてしまったなどという時、それまでは外で遊んでいました。
つまりお金を使ってしまっていたのです。
それを働いてしまうと逆にお金を稼ぐ事が出来ます。
あとは情報収集をマメにしてお得な情報を見逃さない事かもしれません。
コツコツ節約と副業でガツンと稼ぐを併用すると良いと思います。
一生お金に困らずに終わりたいものです。