パワハラで会社を退職してからドツボにハマりました

みんなの副業体験談まとめ

パワハラで会社を退職してからドツボにハマりました

20代。OL開始。
貯金は学生時代のバイトで残ったお金でそれは家賃数か月分だけ。
正社員だしこの先ずっとやってけるとばかり思っていた。
歩きながら人生を考えようと。だけどもうそうじゃなかった。
つまづきはあっという間だった。
正社員だったのに、スキル身につく職種だったはずなのに、
いやだからこそというべきか。
このパワハラ部署では生きていけないとなったのだった。
目の前のこの空間ではもう生きていくこと自体が人間として無理。
こればっかりは自分の努力もへったくれもないしと納得するのも無理。
かといって会社辞めて転職するのもすぐは無理。
当座の生活費。それも家賃。とにかく家賃が問題になった。
こうして目先のことだけを考えなくて人生を転がり落ちてしまった。
会社には這っていった。
家賃のためには仕方ない。
親元には帰りようがない。
だって親が病気なんですじゃどうしようもない。
共倒れるわけにはいかないという現実を前にしてどんどん簡単に追い詰められてしまう。
早く人生終わってくれないかなと毎日思っていてもだってまだ20代。
当分体がなくなってくれるわけじゃない。
住んでいくことそのものにこの先もずっと自分でお金を用意し続けられるのかな。
そうするとこの不安感がもとで手元の判断が狂ってまた状況が悪くなる。
最初のつまづきでどんどんドツボに陥ってしまうのは余力がない人にはひどく簡単な世の中。
親が資産の人はそこでなんとかなるけれど自分の場合はまったく逆で、
疲れていく人間からはどんどんお金は逃げていき、
お金を生み出すはずの体そのものもどんどん壊れていき、
そのあとは履歴書をめちゃくちゃにしてでも家賃のための身売りが続いていったのだった。

住み続けていけないといけない金銭的な不安。
究極的に言うならただそこにいるためだけのオカネ。
その分が確保できる見通しか、
そうでなければもっとずっと住みやすい家賃の場所に移動するしか手がない。

あれから紆余曲折の果てに今はもう地方の民になって久しい。
地方はとにかく生活費が安い。
ネットの浪費を避ければお金も貯まりやすい。

今の世の中は人生の直しならさせてくれない。
だったらとにかく最初はまとまったお金を貯めるしかない。
もっと早くにもっとなんとかしておくべきだった。
学生時代に人生やり直し資金までしっかりため込んでから卒業をするべきだったと後悔しているし、
引っ越すにしろ自分に投資するにしろ、出発時点での土台の最低ラインのキャッシュは絶対に必要。
そこから先は転んでドツボにはまらないで済む程度の資金を手元に確保しておきながら、
いろんな形で稼ぎ続けるしかない。

この先のオカネの不安を払しょくするには結論はやっぱり家一軒分。
ここまであれば、たぶんなんとかなるんだろう。
やれることはなんでもやっていて、
コストに厳しくもなり、
生活費を圧迫する要素はどんどん排除していくようにしている。

ただ世間の流れを読みながら、
ドツボにはまらず追い詰められずにうまく切り抜ける方法ならあったと後で気が付いた。
もっと世の中の仕組みや制度を勉強しておくんだった。とにかくこれに尽きる。
それも断片的な情報をかき集めていくんじゃなくて、まとまった形で。
できれば手元にずっと残せる本で。
基本を身につけてからでないとネットの情報も生かしきれないし全体像と進み方が読めない。
世の中の枠を読み先を読んで、それでやっとなんとか生きていける。
経験則と断片的な情報と中途半端な資金だけでは、
よほど恵まれてる人でもない限りは生きていけるはずなんてない。
病気になるにも転ぶにもカネが要るこのシビアな現実を何とかするためには知恵を持つしかない。
なんでこんなに生きてくのって大変なんだろう、
どう見ても遊んでいる人も世の中たくさんいるのにな、という疑問は当座は見ないようにして、
勉強し続けるしかない。つまづきなんてすぐそこにあるんだから。