メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法を徹底解説!

YOSX9748_TP_V

アフィリエイトで最も稼ぐのに適している
メルマガアフィリエイトで稼ぐ流れを徹底解説していきます。

全体の流れをしっかり掴み、ぜひメルマガアフィリエイトの楽しさと醍醐味を知って稼いでいきましょう!

Contents

メルマガアフィリエイトとは

メルマガアフィリエイトとは、メルマガを使ったアフィリエイトのことです。

メルマガと聞くと、昔流行ったという印象を持たれる方もいるかもしれませんが、今でも変わらず使われています。

Yahoo!や楽天などのサービスから配信されている様々なお得情報や案内などのメルマガに登録されている人もいると思います。

ですがアフィリエイトをする場合のメルマガは、それとは少し違っています。

メルマガ自体がアフィリエイトを目的としているため、タイトルや本文が全て、メルマガ内で紹介するセミナーの案内、講座や商品といった商材販売のために作り込まれているのです。

情報を雑多に盛り込むタイプのメルマガとは大きく異なります。

メルマガアフィリエイトの成功のためには、文章力やマーケティング力といった様々な種類の力が総合的に必要となります。

しかし、それらを細かく見ていくことで、何をすべきか明確になるので、それを元に取り組めば非常に取り組みやすいビジネスモデルであることがわかるはずですので、ぜひ1つずつ理解をしていきましょう!

メルマガの発信前に決めること

メルマガに取り組む前に設定しておくことは2つあります。

それは発信の内容とターゲットを決めることです。

これら2つを決めないままメルマガを始めたとしても、一貫性のなく何の意味もないメルマガを発行していまうことになりますので、気をつけてください。

現在、メルマガアフィリエイトに取り組んでいて、思ったような成果が出てない人は復習の意味も込めて今一度読んでみてくださいね。

メルマガの内容を決める

メルマガの内容=あなたが伝えることです。

まずそもそも、あなたは何について発信を行うか考えてみてください。

つまりジャンルですね。

お金稼ぐ系、恋愛、投資などなど

そのために箇条書きでもいいので、あなたが伝えられることをどんどん書き出してみてください。

箇条書きにしてみることで、客観視ができるようになるので、あなたはどんな情報を読者に伝えられるのかが明確化されます。

なお、箇条書きする際に注意しなければいけないのは、遠慮をしないことです。

自信がないけどいいかな。。。

誰でも知ってるようなことしか知らないけど。。

そんな風に自分で発信内容を狭めないでください。
この段階ではまずたくさん内容の候補を出してみることが大切です。

そして、次にやるべきことは深堀りです。

例えば、アフィリエイトの内容に関して発信をしたい。

というのであれば、アフィリエイトのどんな内容を発信することが出来るのか一段階落とし込んでみます。

アフィリエイトであれば、

・ブログアフィリエイトの手法

・無料ブログのアクセスを集める方法

・ワードプレスのデザイン方法

・アフィリエイトの最初の設定

などなど。

色々な情報がありますので、それをどんどん書き出していってください。

ここでも自信が有る無しに関わらず、知識があるものはどんどん書き出してください。

メルマガのテーマの決め方

ここまで書き出しを数多く行うと、色々と発信できるものが見えてきたと思います。

次に実際にあなたの発信テーマを確定させます。

確定させるには2つのポイントをみます。

1つ目 売るものはあるか?

メルマガで稼いでいくためには稼げるジャンルでなければいけません。

あなたが発信しようとするテーマで、マネタイズができている商品がすでにあるかどうかをしっかりリサーチしてみてください。

もし仮に、商品がないようであれば、お金を稼ぐのにはあまり適していないテーマなので、箇条書きした他のテーマで取り組むのがオススメです。

2つ目 緊急性の高い悩みに関係あるかどうか

これから実際にメルマガを発信していく中で、商品のセールスを行なっていきます。

人は自分の悩みを解決するためにお金を払うので、自分の発信するテーマに緊急性があればあるほど収益化は簡単になります。

というのも、例えば、テーマがアフィリエイトであれば、お金を稼ぐためにメルマガを読みますよね?

お金=生活に密着したもの

であることから、緊急性はかなり高いわけです。

それに対して、オススメの観光地の情報などは、お金を払ってでも何とかしたいという想いは薄いので、緊急性はかなり低いので収益化は大変です。

このように日常生活に直結する悩みであるかどうかもテーマを決める際には重要なポイントとなります。

なお、緊急性の高いテーマとしてオススメのものは下記となります。

・お金を稼ぐ系
・恋愛系
・ダイエット
・スピリチュアル

これらのジャンルの商品やサービスが世の中に溢れているのはそういった理由です。

Q,実績がないけど大丈夫ですか?

メルマガに取り組む上で、実績を気にされる人が非常に多いのですが、メルマガで重要なのは実績ではなく知識です。

知識なんて後付けでいくらでも身につけることができますよね?

学び続けるというスタンスさえあれば、メルマガで稼ぐことはできるわけです。

メルマガのターゲット設定

メルマガのターゲット設定とは、あなたがこれからどんな人に向けてメルマガを発行していくかを決めることをさします。

テーマとターゲットがズレてしまうと、あなたがどんなに有益な情報を発信したとしても読んでもらえません。

例えば、恋愛系のネタを発信しているのにターゲットが転職希望の人であれば、悩みのニーズが合致していないので反応はなかなか取りづらくなります。

そして、ターゲットを設定する前にぜひ意識しておいて欲しいことがあります。

それは、

「あなたのテーマに合わせてターゲットを設定することです。」

提供する先ありきで、ターゲットを設定することでブレない発信ができるようになります。

ターゲット設定の2つのポイント

1つめ:初心者に向けて書く

ターゲット設定で重要なことは、自分よりも初心者を設定するということです。

つまり、あなたの伝える情報に価値を感じてくれる人に向けて発信するということです。

情報発信に苦手意識を持つほとんどの人が思い込んでしまっているのは、

「自分よりすごい人なんてたくさんいる」

ということです。

しかし、それは全くの無意味なので、自分よりすごい人は完全に無視して、あなたよりも初心者のことを100%考えるようにしましょう。

仮にアフィリエイトの実績がまだ0円だとしても、これからアフィリエイトを始めたいと思う人に向けて発信する情報はありますよね?

こういった形で初心者に向けての発信を行うことは忘れないようにしてください。

2つ目:ペルソナ設定

ペルソナとは、「自分の商品やサービスの顧客の中で中心となる人物」のことを指し、つまりはあなたのメインのお客さんのことです。

ここで重要なのは、具体的に一人の人物像をイメージすることです。

リアルにその人物が存在しているかのように、設定をすることが重要です。

日常生活でもLINEやメールを送る際に送る相手のことをイメージして送ると思います。

会社の上司に送るのと友達に送るメールでは、全く異なりますよね。

つまり、メルマガにおいても送る相手のことを具体的にイメージ出来た方が書きやすいのと伝え方もはっきりしてあなたの伝えたいことが本当に響きやすいということです。

例えば、ペルソナの設定ではこんな感じで設定をしてみましょう。

8h3g4

具体的にイメージ出来た方がいいのですが、なかなかうまく感覚が掴めない場合はあなたの友人・知人でターゲットに出来そうな人をターゲットに設定するといいでしょう。

設定が出来たら、その人に向けてメルマガを書いてください。

他の読者のことは考えずに、その人1人に向けて発信する意識を持てば自然と他の読者もあなたの発信に惹きつけられていくので安心してください。

メルマガアフィリエイトで稼ぐための正しいブランディング戦略

ターゲットをしっかり設定したら、次に設定するべきものがブランディングです。

「ブランディング」と一言で聞くと馴染みがなく一見難しそうに感じるかもしれませんが、実際は非常にシンプルなものです。

ブランディングとはズバリ、

あなたのメルマガを選んでもらう理由づけ

です。

他にも同じような情報を発信している人が数多くいる中であなたのメルマガを選んでもらうには、その理由が必要になります。

実は、実績がないとメルマガは稼げないという人はこのブランディングの一部しか理解していないケースが大半です。

メルマガを発行する提供者側の視点でしかメルマガを捉えていないということなんですね。

例えば、あなたが今継続的に誰かのメルマガを読んでいるとしたら、その理由を今一度考えてみてください。

めちゃくちゃすごい実績を持っている人、文章がわかりやすい、自分と近い年齢、色々な要因が重なってメルマガを読んでいると思います。

つまり、実績は1つの要因でしかないわけです。

そして、実績は後付けで作ることができます。
実績がある人は単にあなたよりも少し早くアフィリエイトに取り組んだだけなんですね。

なので、これからアフィリエイトを始める人に実績がないのは仕方ありません。

それに、あなたのメルマガを読むかどうかは読者が決めることなので、まずはあなたがメルマガを発行してみることが最も重要です。

例えば、稼ぐ系でメルマガをやるとしたら下記のようにブランディングを設定してみるのもいいでしょう。

例)

・LINE@でいつでも質問対応をする
・顔文字を使って、親しみやすく文章を書く
・プレゼントのレポートのデザインがかっこいい
・長くメルマガに取り組んでいる
・読者の満足度が高いのが自慢

など。

いろんな要素がブランディングに繋がりますし、メルマガを発行していきながら感覚を掴んでいけばいいので、実践をベースにしていきましょう。

メルマガ発行のために必要なもの

実際にメルマガを発行するためには、メルマガ配信スタンドを借りる必要があります。

メルマガ配信スタンドはあなたのメルマガをしっかり読者のメールフォルダに届けるために必要不可欠なツールとなります。

一人一人の読者にメルマガを送るとそれだけで、数時間かかってしまい非効率的ですし、間違いなく続きません。

しかし、メルマガ配信スタンドを活用すれば、一通メールを書けばそれを読者全てに配信することが可能になるので、非常に便利です。

では、実際にメルマガ配信スタンドの種類をみていきましょう!

メルマガ配信スタンドの種類

大きく分けて、2つの種類があります。

それが

・ASP型

・独自配信型

です。

これら2つは明確に違いがありますので、これから始める人にはどちらがオススメかをしっかりと解説していきますね!

ASP型のメルマガ配信スタンドとは

ASP型とはメルマガを配信するためのソフト、サーバーなどを全て一括で管理してくれる業者からメルマガ配信スタンドをレンタルするものです。

基本的にはネットがあれば、どこでも管理ツールにアクセスできるため操作が非常に簡単なのと、特別なPCスキルがなくてもすぐにメルマガ配信をすることができるので非常にメリットが大きいです。

ASP型のメルマガ配信スタンドも各社様々ありますが、代表的なのは下記の3社です。

・エキスパートメール

・アスメル

・オレンジメール

・マイスピー

月額の利用料金によって、共有IPと専用IPが異なったりしており、基本的には専用IPの方がメールの到達率が良いとされていますが、読者数が少ない最初のうちはそこまで気にする必要性もないので、月額利用料金が安い、まずは共有IPから始めることがオススメです。

独自配信型メルマガ配信スタンドとは

独自配信型とはメルマガ用のサーバーやソフトウェアを自分でセットして配信する方法です。

難点は自分でセットアップを含めて、管理をしていかなければいけないのでITスキルがないと厳しいでしょう。
しかし、ITスキルがあれば自分専用の配信スタンドを作り、ASP型よりも安価に運営することが可能です。

無料で使えるメルマガのまぐまぐとは?

上記2つのメルマガ配信スタンドとは異なり、まぐまぐというメルマガ配信サービスもあります。

こちらは発行者登録をすることで、メルマガの発行を無料で行うことができます。

しかし、まぐまぐはオススメできない大きな理由があります。

それは、読者のアドレス管理ができないのでビジネス利用で大きな制限がかかるということです。

趣味で発行するならいいかもしれませんが、メルマガアフィリエイトで稼ぎたい人には不向きですので、私としてはオススメはできません。

メルマガ配信スタンドを借りる前にチェックするべきポイント

メルマガスタンドには多くの機能が備わっています。初めて登録した人は、「Facebook連携」や「twitterつぶやき機能」、「開封チェック機能」など耳慣れない機能が多く戸惑ってしまうかもしれませんね。

初心者がこれら全ての機能を使いこなすのは至難の技ですし、そもそもその必要もありません。

初めてメルマガを発行する人に必要なのは、

・一斉送信

・ステップメール

・開封チェック率・クリック測定

・読者抽出

機能だけです。4つなら使うハードルも格段に下がりますね。それぞれの機能の内容は以下のようになっています。 

  • 一斉送信機能

一斉送信機能とは、登録している読者全員に一斉に同じメールを配信するという機能です。メルマガの基本中の基本であり、必須の機能です。

メルマガ配信スタンドによっては、本文中に読者の名前を自動で入れる機能もあります。

読者にとってもメルマガ内で自分の名前を書かれると親近感が湧きますよね。

  • ステップメール機能

ステップメールとは、事前に作成し登録しておいたメルマガを指定した日時に自動で配信していく機能です。

これは新規に読者登録した人に送る自己紹介など、導入で使う定番の内容に適しています。ただし無料メルマガなどにはステップメール機能の無い配信スタンドもあります。

登録の際は機能の有無を確認しておきましょう。 

  • 開封チェック率、クリック測定

開封チェック率とは、配信したメルマガが読者にどの程度開封されたかを示す割合です。

開封率が高ければ内容が読者の関心にマッチしていたことになり、逆に低ければ面白そうではなかったということになります。

この割合をもとに、開封チェック率の高かった内容を中心に扱っていくなど、メルマガのブラッシュアップにも使えます。

ただし配信スタンドによってはこのサービスのないところもありますので注意してください。 

  • 読者の抽出機能

メルマガの読者の中から、名前やメールアドレスで読者を検索したり、性別で読者を抽出したりする機能です。

個別にメールを送る際に特定の読者を簡単に見つけることができ、また女性限定など読者を絞って配信したい内容がある場合にも便利です。

メルマガで成功するためには読者と個別に交流して信頼関係を構築していくことが大切です。
そのためには読者の抽出機能は欠かせません。

まずはこの4つはしっかりと押さえておきましょう。
その他の機能については自分が使いやすいように、必要なものを選んで使っていってください。

メルマガ配信スタンドで最もオススメなものはコレ

実際に私が今活用しているのは、ASP型メルマガ配信スタンドです。
というのも、ネット環境さえあればどこでも管理できるのと、メルマガ発行自体も非常に簡単に簡単に行えるので効率がいいからです。

月額も3000円程度で始められるので、これからメルマガを始める人はASP型メルマガ配信スタンドの活用をオススメしております。

なお、ASP型の中でも私はマイスピーを最もオススメしております。

というのも、サポートがこれらのサービスの中で個人的に最も丁寧と感じるからです。
それに機能も日々アップグレードされて、利用者の声をどんどんシステムに組み込んで反映してくれているその姿勢に惹かれているというのもあります。

最初は無料のお試しもできますので、ぜひ一度試してみることをオススメします。

メルマガを読んでもらうために配信で気をつけるべきこと

せっかくメルマガを配信するのに、読んでもらえなければ意味がないですよね。

迷惑メールフォルダに入ってしまったり、他のメールに紛れて届いていたことすら気づかないケースは避けたいものです。

それらをどう回避していくのか?

その具体的な方法を解説します。

迷惑メールフォルダにいかない工夫とは

迷惑メールの対策として、重要なのは受信者側で意識をしてもらうことと発行者側で取り組んでおくべきことの2つがあります。

まず受信者側で意識をしてもらうことを解説させていただきます。

アドレスのフォルダ分けをしてもらう

gmailなどのメールソフトは、大事なメールが埋もれてしまわないようにメールの振り分け設定をすることができます。

そのやり方は各メールソフトごとに異なりますが、そのやり方を簡単に伝える方法があります。

それは確実にあなたの言葉が届くタイミングに、メールの振り分け設定をお願いすることです。

そのタイミングとはどこかというと、メールアドレス登録の完了画面です。
メールアドレスを登録しましたという画面で、メールの確認と振り分け設定を行ってもらうことで迷惑メールになってしまうことを未然に防止することができます。

そして、それをわかりやすく伝えるのに便利なのが下記のサイトです。

→ http://46mail.net/pro/index.php?a=

こちらのサイトでは、あなたのメールアドレス専用のメール振り分け設定の説明文を簡単に作成することができます。

yahoo,gmail,livedoorメール,hotmail,エキサイトメール,gooメールなどほとんどのメールソフトに対応してますので、このサイトで作成したリンクをあなたのメルマガ登録完了画面に貼り付けてフォルダ分けの設定をお願いするといいでしょう。

配信時間を事前に告知する

あなたのメルマガがいつ頃配信されるのかを事前に伝えておくことで、他のメールに埋もれてしまうことを未然に防ぐことができます。

例えば、18時に配信します。

という文言をメルマガ登録完了画面や、即時返信のメールにも記載しておけば、その後のメールも読まれやすくなります。

メルマガの配信時間はいつがオススメ?

メルマガの配信時間はいつがいいのか迷われる方も多いと思いますが、それはあなたが設定したターゲットの生活習慣に合わせてあげるのが効果的です。

例えば、サラリーマンであればスマホをチェックしている時間といえば、通勤中であったり、仕事帰りの電車、就寝前が多いですよね。

主婦の方であれば、ある程度家事が終わったであろう14時頃もいいかも知れません。

あなたが届けたい相手がいつネットを見ているか?

それを元に配信時間を決めていきましょう。

メルマガの件名にNGキーワードを入れない

ぜひ一度あなたの迷惑メールフォルダを見ていただきたいのですが、数多くのメールがそこに入っているはずです。

それらが迷惑メールにいく理由はタイトルと本文にあります。

例えば、アダルト系のキーワードなどがそれに当たります。
また記号ばかりのタイトルもスパムメールと判断されやすいので注意が必要です。

どういったアルゴリズムで決められているかは、公開されていないのでどの言葉がNGというのは断定はできないですが、書く言葉にも気をつけてメルマガを発行していきましょう!

メルマガ発行で守らなければいけない法律とは

メルマガを発行する上で、必ず守らなければいけない法律があります。

それは、特定電子メール法(特電法)です。

この法律に違反すると、
個人の場合:1年以下の懲役または100万円以下の罰金
法人の場合:行為者を罰する他、法人に対して3000万円以下の罰金

と、重い罰則が課せられます。

一見怖い法律ですが、ちゃんと理解して違反しないように取り組むことで問題はありませんので安心してください。

では、特電法で守るべき項目を解説していきます。

記録の保存義務

メールアドレスをいつ・どのように・どこで取得したかを保存しておくことです。

これに関しては、メルマガ配信スタンドで管理できるので、そこまで神経質になることはないでしょう。

心配であれば、ご自身でデータを別途フォルダ分けして保存しておくことをオススメします。

オプトイン規制の遵守

オプトインとはあなたのメルマガを読むことをその人が承諾をしているということです。

これに関しては、ほとんど問題になることはありません。

というのもブログからの集客なり、SNSからの集客でも登録フォームは必ず設置するはずですので、そこに登録されなければあなたのメールが届くことはないからです。

送信者の身元表示・配信解除URLの遵守

この法律はメルマガ内で守らなければいけないものです。

簡単にいえば、あなたは誰なのかを開示することです。
そのために必要な項目は下記となります。

・メールの送信者名

・問い合わせ先(住所、電話番号、アドレス)

・配信解除URL

問い合わせ先に関しては別でサイトを作成しておき、そこのリンクを貼ることでも問題ありません。

メールの送信者名をニックネームで運用しているメルマガアフィリエイターも数多くいますが、法人名義であれば問題ありませんが、そうでない場合は本名を記載しておかないと違反していることになってしまうので気をつけましょう。

副業を知られたくない人はどうするべきか?

サラリーマンの方で副業が会社にバレたくない方にオススメなのは、バーチャルオフィスなどを借りてその住所を活用することです。

バーチャルオフィスは安いところでは月額500円ほどで借りれますので、そういったもので十分です。

また、電話番号も今の番号とは異なる番号をビジネス用に持つことも可能ですので、それを試してみるといいでしょう。

以上が、メルマガを発行する上で守るべき法律となりますので、事前にしっかりと理解しておきましょう!

稼げるメルマガコンテンツの作り方

メルマガを始める際には、まずコンテンツ作りをします。

アイディアは色々とあると思いますが、必ず抑えておいて欲しいポイントとがあります。
それは「誰の、どんな悩みに答えるメルマガにするのか」ということです。

これは書き始める前に決めることですが、メルマガを発行してからも何度も立ち返って欲しい点です。

メルマガコンテンツを作るときの注意点

メルマガを書き始めると、発信者である「自分」の気持ちが先行し、「読者」の気持ちを置いてきぼりにしてしまうことがよくあります。

そうすると自分が読者に伝えたいことや、販売したいものを書くことに集中してしまい、独りよがりなメルマガになってしまいます。

すると次第に読者の心は離れていってしまいます。
読者はどんな悩みを持っていて、何を求めているのか、それを忘れてしまうとメルマガは成功しません。

読者の考えを知るためには、一定の努力が必要です。

コンテンツを決める際には、メルマガ読者はもちろん、友人や知人、世の中の人がどんな悩みを持っているのか、調べてみましょう。

直接聞いてみるのもいいですし、ネットの掲示板にもたくさんの質問投稿がでています。
それを使ってリサーチしてみましょう。このステップはメルマガの成功には欠かせないので必ず行いましょう。

メルマガコンテンツの骨格の作り方を事例と共に紹介

リサーチで悩みの傾向をつかんだら、

・メルマガを配信する読者層

・メルマガで解決する悩み

・自分が読者に提供する解決方法や考え方

を設定しましょう。
これがメルマガの骨格になります。

メルマガで解決する読者の悩みは、自分が回答できるレベルに設定することが大事です。

答えられない高度な悩みにする必要はありません。

実体験や専門知識があるものが回答しやすく、具体的で中身のあるメルマガにできるのでおすすめです。
自分が自信を持って書けるコンテンツを選びましょう。

このように相手の興味関心を考えたコンテンツ作りとメルマガの読者層の設定をしっかりとしておくと、メルマガが書きやすくなり、読者も内容にひきつけられて販売などにもつながります。

これはメルマガを始める際の基本になります。

メルマガを書いているとついつい「自分」が先行してしまい、これらがないがしろにされてしまいがちです。迷ったらまずこのステップに立ち返るようにしてください。

メルマガタイトルの4つのコツと事例を一挙公開!

読んでもらえるメルマガにするにはタイトルが大事です。
読者がパッと見て読んでみたくなるようなものにしたいですね。

そのための最重要ポイントは以下の4つです。

まず一つ目は「数字を使う」ということです。

大抵の人は、数字があるとなんとなくその数字が気になるという傾向があるため、タイトルに盛り込むと効果的です。

ただ数字と言ってももちろん、意味のある数字でなければなりません。

例えば「私が売上をアップした3つの方法」「1週間で痩せるダイエットの秘訣」といった具合です。
読者の気をひくことができれば、メルマガも読んでもらえます。

二つ目は「『how to』を盛り込む」ということです。

『how to』は上記の例でもあげましたが、「〜の方法」「〜の秘訣」といったものです。

本のタイトルなどなどでもよく使われていますね。

「方法」というのはとても魅力的な言葉です。
欲しいもの、なりたい姿、したいこと、私たちは全てに対してその「方法」を知りたがる傾向にあります。

その方法が書かれているかもしれない、そう思った読者はメルマガを読んでくれます。

三つ目は「特別感をだす」です。

メルマガを読んでいる人しか知ることができない情報は読者を嬉しくさせます。

例えば、「初公開!私が1億円稼いだマーケティング手法」といったタイトルがついていると、心を惹かれませんか?メルマガを開いてみたくなりませんか?

みんなが知っているわけではない「特別感」や、メルマガの書き手の実体験からでてくるアドバイスが盛り込まれていることで、メルマガに希少価値がつくことになります。

そして四つ目は「質問形にする」ことです。

私たちは質問をされると、習慣で答えを探してしまいます。

メルマガのタイトルが質問形であった場合、無意識に答えを考え始めます。その時点で読者はすでにこのメルマガが気になり始めているということになります。

「TOEIC900点以上にする方法、知りたくありませんか?」「美肌のために欠かせない栄養素を知っていますか?」などと書かれていると、心の中で「どうやって点数をあげるんだろう」「美肌と言えばビタミンCかな」という風に答えを考え始め、メルマガを開いて答え合わせをしたくなります。

こういったテクニックはメルマガのタイトル作りでは外せないポイントです。
まずはこの4つはぜひ盛り込んでみてくださいね。

開封率を上げるメルマガタイトルの考え方

魅力的なメルマガタイトルにするためには、上の4つのポイントのほかにもいくつか注意点やテクニックがありますのでご紹介します。

まずメルマガのタイトルづくりで注意しなければならないのは、難しい言葉を使わない、ということです。

難しい言葉が入っているとメルマガの中身も難しいものかもしれないと敬遠されたり、興味のない記事と思われたりしてしまいます。

そのためタイトルには読者がよく使う言葉を入れるようにしましょう。その方が親しみやすく、読みやすくなります。

効果的なタイトルにするためには、「あなた」という言葉を使うのも有効です。

例えば「あなたの集客がうまくいかない理由」「あなたのファンをつくるための秘訣」といったものです。「あなた」と書いてあると読者は自分に呼びかけられているような気持ちになり、メルマガを読みたくなります。読者との距離もグッと近くなりますね。

同じ仕組みで、特定の読者に向けて書くのもいいですね。

例えば「消えないニキビで悩んでいるあなたのために教えたいこと」「月収100万円の壁にぶつかったあなたに伝えたいこと」など、メルマガ読者の中から特定の悩みを抱えている人などターゲットを絞りこんでいきます。

読者の反応もよくなるので、ぜひ試してみてください。

有名なフレーズを活用するのも効果的です。

フレーズは歴史上の偉人やタレント、漫画の名言などなんでも構いませんが、有名なフレーズであることが第一条件です。例えば「われ思う、故に我あり」というフレーズは聞いたことがありませんか?哲学者デカルトの言葉で、中学や高校の授業で習った人も多いはずです。

意味は詳しくわからなくても聞いたことがある、そういった言葉がでてくると、読者も興味を持ってくれます。こういった使えるフレーズを見つけたら、メモをとってストックを作っておきましょう。

誰が言ったのか、映画や本などどの媒体で言っていたのかなどわかるようにしておくとすぐに探せますよ。

読者をハッとさせるタイトルも使えます。

例えば、「今の自分に満足していますか?新しい人生初めてみませんか?」というようなものです。ちょっと極端な内容かもしれませんが、これはこれで効果があります。

自分のことだとドキッとする読者もいるはずです。
すぐにメルマガを読まなくても、心に残れば後々やはり気になって読んでくれるはずです。

言いたいこと読者にストレートに伝える

次はともかく言いたいことをストレートに書く、という方法です。

「雨の日は出かけたくない。でも晴れた日は紫外線対策が大変」といった具合です。

思ったことまさにそのままです。論理的にする必要はありません。
あなたの嘘偽りのない言葉は、読者にも響きます。

メルマガは読者の悩みに答えるというスタイルが主流です。
そこでその悩みをタイトルにつけると、読者の反応もよくなります。

「早めに進めておきたい5つの相続税対策」といった具合です。
それをメルマガのタイトルに使うと、読んでくれる読者も多くなります。

ただし読者が気になること、悩んでいることを事前に調査しておく必要があります。

難しい言葉をメルマガタイトルに使わない

タイトルにわざと難しい言葉や聞きなれない言葉を使うのもいいですね。

「この言葉はどういう意味?」と読者の関心をよぶことができます。ですが難しすぎたりすると、逆に読者に読み飛ばされてしまいますので、注意してください。

普段使わないけれど、漢字などからなんとなく意味が想像できるくらいのレベルのものがオススメです。

専門用語を使っても構いません。
ただし専門的すぎると嫌がられてしまいます。

例えば「インフィード広告」など、言葉自体の意味は知らなくても、何かしらの広告であると想像できる、こういう言葉を選びましょう。

するとその言葉の正確な意味を知りたくなり、メルマガを読んでくれます。もちろんメルマガで説明できるくらい、その言葉の意味を知っていることが大前提です。

その他にはよく使われている定番のテクニックとしては「限定感」を作ることです。

「メルマガ読者限定!個別トレーニングを開催」など、メルマガ読者だけが知ることができるという限定感をだすと、「このチャンスを逃してはいけない」と読者を思わせることができます。

他にも「先着10人」「最終案内」「1週間限定」などの言葉も限定感を出す際はおすすめです。

これは簡単にできてとても効果がある手法なので、ぜひやってみてください。

メルマガアフィリエイトで稼ぐためのポイント

配信スタンドの準備ができて、メルマガの発行準備ができたら
次にメルマガで稼ぐための、全体の流れを理解していきましょう!

メルマガで重要なポイントは大きく分けて3つです。

1、集客

2、信頼関係構築

3、セールス

以下でそれぞれ解説を行なっていきます。

1、集客

そもそも読者がいなければメルマガの発行はできません。
そのためにまずは読者を集めていかなければいけません。

そして、メルマガの読者を集めるには、大事なポイントがあります。

それは「メルマガに登録するメリットがわかりやすく伝わっている」ということです。
通常、内容も知らないメルマガに登録する人はいません。

読者になる人は、まずどんなメルマガなのかを知った上で、興味をもったりメリットがあると感じたりすれば登録をします。

そこでまずはメルマガの内容を知ってもらうために、メルマガの紹介ページを書きましょう。

紹介ページはLPと呼ばれるもので、下記のようなことを伝えるページです。

・そのメルマガに登録するとどんなメリットがあるのか?
・どんな悩みを抱えている人にオススメのメルマガ内容なのか?
・登録のプレゼントはあるか?
・あなたの自己紹介

これらを伝えることで、あなたのメルマガを読む理由が生まれるわけです。

登録するメリットを感じてもらえれば、読者も納得し、登録者は増えていきます。

紹介ページに並べるメリットは、少なすぎても多すぎても信憑性を書いたり魅力的に見えなかったりします。目処としては7個書くようにしましょう。

そして、メリットは何でもいいというわけではありません。

「面白い」「楽しい」「元気になる」など抽象的でわかりにくいものを書いても伝わりにくいため、「収入アップにつながる」「10歳若返って見える」など具体的に書き出していきましょう。難しく考える必要はありません。

まずは思いつく限りのメリットをあげていき、そこから削ったり、具体的な言葉に置き換えたりして、最終的に7個になればベストです。

完成したメルマガの紹介ページやヘッダー画像が読んだ人の心を動かすものであれば、その人がメルマガに登録してくれる可能性はグッと高まります。

感動は行動の原動力です。読者は心を動かされ、自分にとってメリットがあると感じればメルマガに登録してくれるはずです。

メリットを探す作業は面倒かもしれませんが、メルマガの内容を見つめ直し、読者にとってメリットの多いメルマガへとブラッシュアップしていくことにもつながる大事な工程です。

厳選された7個のメリットは、メルマガの運営で迷ったときに立ち返る土台でもあり、読者への約束にもなります。

メルマガに登録するメリットはじっくり考えて作りましょう。

メルマガ登録のメリットを簡単に作る方法

なかなか思うようにメルマガのメリットなどを見つけられない場合は、他のメルマガアフィリエイターはどういった登録ページを用意しているかをチェックしてみましょう。

その際にみるべきポイントは、

・どういったコンセプトのメルマガなのか?
・プレゼントは何か?
・登録するとどんなメリットがあるのか?

その点を意識して、LPをじっくりと読んでみましょう。

その際に自分でExcelなどにリサーチしたものをまとめておくと、一覧で比較することができるので便利です。

ライバルのリサーチをした中で、あなたが提供できそうなものをピックアップしたり、それらを参考に色々と登録の文章をテストしてみるとスムーズに登録率の高いLPを作成することができます。

メルマガ登録前から信頼を得るために重要な項目

メルマガに登録してもらう上で、ぜひとも入れていただきたい欲しい項目があります。

それは、あなたのプロフィールです。

あなたがこれまでどういった経歴の持ち主なのか、そして、どんな考えを持ってビジネスに取り組んでいるのかを伝えることで信頼されやすくなる傾向にあります。

実績がなくてもあなたの信念に共感できる人をまずは作っていくことを目標にするのもありですよね。

例えば、子育て中に外で働けない、同じようなママのために私が実際にアフィリエイトに取り組んだその結果をシェアします!

みたいな感じであれば、同じ境遇の子育て中の主婦の方の共感を得られそうですよね。

他にもプロフィールに記載しておくと効果が見込まれる項目は下記があります。

・肩書き

・提供しているサービス内容

・経歴やサービスを始めるまでの経緯

・自分の実績

・すでにサービスを受けた顧客が出した実績

・お客様の声

・今後のビジョン

これら全てがなくてもいいので、まずは出来るところから実際に登録ページに記載をしていきましょう。

登録ページも徐々に改善をしていく意識が大事ですので、ぜひ頑張ってみてくださいね!

メルマガ登録用のLPのデザインって凝った方がいいの?

リサーチを重ねていくと、デザインが色々と凝っているものが出てくると思いますが、デザインは後々で十分です。

というのもデザインが良かったから登録したという読者は、さほどあなたに興味を持たずになんとなく登録している可能性があるですからです。

それよりは、しっかりと文章を読んでもらい、メリットや魅力を感じてもらって登録してもらった方が、その後しっかりとメルマガを読んでもらえる可能性が高まりますので、デザインは今は気にせずメリットなどの項目に注力をしましょう!

なお、最初から難しく考える必要はなく、都度修正をしていくことで登録率を上げていくことになりますので、今のあなたが考える最大限のメリットを伝えていきましょう。

ブログとメルマガを関連させる大きなメリット

ブログはメルマガの読者を増やす有効なツールです。ブログに一定のアクセスがある場合、ブログ内にメルマガのリンクを貼ったりして紹介することによってメルマガの読者を増やすことにつながります。

メルマガを成功させるためにはブログの活用も大事です。

そのためには、ブログの内容とメルマガの内容は方向性が同じでなければいけません。

ブログに興味をもってメルマガのリンクをクリックしてくれた人が、全く関連性のないメルマガに登録してくれるとは考え難いですよね。

ブログは自分の持つ専門性を活かしつつ、読者の疑問に答えるような内容がオススメです。
集客であれば集客のためのツールやマインドなどを記事にしていきます。

また読者のよくある疑問をテーマにし、それを解説するスタイルもいいですね。

専門性を高め、記事の内容を充実させるためには、自分で本を読んだり、セミナーを受講したり、他の人のブログを読んだりして、知識をためていきましょう。

またブログでは、テーマとともにあらかじめ読者層も決めておきましょう。

例えばブログのテーマとして「アフィリエイトを始めたいけど方法がわからない」「30歳彼女がいたことがない人でもモテる方法が知りたいい」といった疑問に答えていく内容にするとします。

そうすると読者層はそれらの悩みを抱えた読者、ということになります。

この辺りはメルマガのターゲット設定と同じになるので、メルマガのテーマ・ターゲット設定もそのままブログにも活用していきます。

ブログに関しても、このテーマと読者層は、一度決めたら基本的には変えないようにしましょう。

ブログの内容がコロコロ変わり、テレビや勉強法、ダイエットなどごちゃまぜになると、読者も混乱してしまいます。

また、定期的に読んでくれている読者は更新を楽しみにしてくれているため、期待と違う内容の記事がアップされるとがっかりしてしまいます。

ブログのファンになってくれれば、メルマガを始めた際も登録してくれますし、ビジネスにもつながります。

読者を大切にするという観点からも、ブログのテーマと読者層は維持しましょう。

ちなみにブログにはプライベートの内容は書かない方がいいでしょう。

書くことがなくなるとプライベートのことを書き始めてしまうケースもありますが、読者にとってはあまり興味がなく、読むメリットもありません。

時間をとって読んでもらうということを常に忘れないでおくことが大切です。

内容に困ったら他のブログやメルマガはどんな内容にしているのか、研究してみましょう。成功しているメルマガは使える情報の宝庫です。

ブログで記事を書いたら、そこからメルマガ登録へとつなげるために、ブログの記事の最下部に必ずメルマガのリンクを貼っておきましょう。

よくある「もっと詳しく知りたい人は書きのリンクをクリック!」といったものです。

ブログを定期的に読んでくれている人はもちろん、検索などからブログの記事にたどり着いた人も、記事の内容に興味を持ち、もっと知りたいと思えばリンクからメルマガの紹介ページまできてくれます。

その紹介ページを読んで、登録するメリットがあると思えばメルマガを登録してくれるはずです。
ブログとメルマガは両方運用することが大事です。

2、信頼関係構築

読者を獲得できたら、次に読者と信頼関係を構築していきましょう。
いきなりセールスをしても売上に繋がることはまずありえません。

大切なのは、あなたという人間を信頼してもらうことです。

ここで勘違いしないで欲しいのは信頼=稼いだ実績ではない、ということです。

メルマガは稼いだ実績がないと難しいとよく言われますが、あなたが日常生活で人を信頼するのは稼いだ額だけで見て判断するでしょうか?

言葉遣い、サポート、趣味、同じ業種の仕事

様々な要因があると思います。

ネット上でもそれは同じです。
実績というのはそれらの要因の中のたった1つでしかありません。

どうすれば、読者から信頼を得られるか、あなたなりに考えてそれを実践していくことが大切です。

読者から信頼を得る具体的な方法

では、実際にどのようなメルマガを発行していけば読者の信頼を得られるのかを解説していきます。

そのために重要なのは、出し惜しみをしないことです。
そして、メルマガを始める際に設定をしたターゲットの悩みを今一度思い出してください。

その悩みを解決してくれる人=自分にとって価値のある人な訳です。

つまり、信頼とはそういった読者の悩みを解決してくれるメルマガによって構築されていくというわけですね。

なので、セールスをする前にまずは読者の悩みをしっかりと解決に導いてあげましょう。

その際に、質問をどんどん受け付けたりしてあげるのもいいですね。
個別に悩みを聞いて、その解決を手伝ってあげることも効果的です。

読みやすいメルマガ文章の書き方テンプレート

メルマガの記事はブログなどとは違い、登録してくれた特定の読者がします。

その読者にわかりやすく読みやすい記事を届けるためには、記事の構成にも工夫が必要です。

いい記事にするためには、文章の基本である5W1Hの中から、「What」「Why」「How」を使い、What→Why→Howの流れで書くとすっきりとした文章にすることができます。

それぞれ「What」は記事テーマへの問いかけ、「Why」はテーマが良いという理由や背景、「Howは」テーマに絡む具体的な行動を書いてきます。

例えば、「早起き」をテーマにした記事を書くとしましょう。その場合、

What:早起きをすると効率よく仕事ができる

Why:早起きをして朝日を浴びると体と脳が覚醒する

How:早起きをするためには、睡眠時間の確保や質の良い眠りが大事

といった構成になります。

文章の流れによどみがなく、結論までがクリアになるため、読者も最後までしっかりと記事を読んでくれます。

それぞれの文章のボリュームですが、読者が通常一番気になるのは「Why」の理由や背景の部分です。まず「What」で問いかけをしているため、その回答部分を読みたいという心理もあり、ここで納得や共感を得ることができれば、その後の「How」もしっかりと読んでくれます。

そのため、「Why」の部分はよく考えてある程度のボリュームをもたせて丁寧に書くようにしてください。
この部分に自分の考えを入れても構いません。

メルマガをスマホで読んでもらう際に文字数は何文字がいいか?

スマホを使う人が増え、メルマガやブログもスマホから読む人が増えました。
そのため、メルマガの記事もスマホの読者が読みやすいように対策をしておく必要があります。

スマホはパソコンとは1行で表示される文字数が違います。

文字数はスマホの機種によっても異なりますが、基本的には1行7文字(●17文字?元資料に表記の揺れ)以内にするようにしましょう。

表示が見やすくなり、また文章も長すぎないため読みやすくなる効果もあります。また一つの段落は3行以内でまとめると、適度に塊になって読みやすくなります。

またもう一つの対策として、改行を多用しましょう。

スマホは画面が小さいため、改行が無く文字が詰まっていると、非常に読みづらいです。

改行が多いと記事が長くなりすぎてしまうと心配になるかもしれませんが、スマホは指でスクロールして簡単に画面を動かすことができるため、読者にとってはさほど気にはなりません。

改行はためらうことなく行い、できれば3行以上空けるようにしましょう。かなり読みやすくなります。

メルマガの文章を劇的に読みやすくするコツ

読みやすいメルマガ記事にするためにはいくつかの工夫が必要です。

まず記事は堅い説明文ではなく、わかりやすい話し言葉で書くようにしましょう。

難しくお堅い文章は読みづらく、読者も途中で読むのをやめてしまうかもしれません。
読みやすくつたわりやすい記事を書くためにも、話し言葉で書いていきましょう。

こういった文章を書き慣れていない人は、スマホの録音機能や音声認識機能を使ってスマホに語りかけるという手もあります。

パソコンに向かって文章を打つよりも、より会話に近い文章が出てくるはずです。
その際には、読者と会話している想定で行いましょう。

スマホが読者とつながっていて、読者が記事テーマについて質問していて、自分が回答をするというイメージです。そうすると話し言葉が自然と出てきますし、相手にわかりやすいように順序だててしゃべったり、言葉を選んだりするようになります。文章もより親しみやすいものになりますよ。

また、顔文字を使うのもオススメです。顔文字があることで、文章が柔らかくなり、適度に間をおくこともできます。使う顔文字によっては、読者を笑わせたりほっこりした気分にしたりすることもできます。

ただし使い方には注意が必要です。重要な内容を書いていたり、真面目な話をしたりしている部分に顔文字を使うとふざけた印象を与えてしまうのでやめましょう。

また多用しすぎると記事が子どもっぽくなり、本来のメルマガのテーマからもずれてしまいます。使う場所としては、本文ではなく、少し気を抜いて読める「あとがき」などの部分にしましょう。

特に自分の失敗談などを書いている箇所に使うと、読者からより親しみをもってもらえます。
メルマガ内でこうしたメリハリをつけると、読者も読みやすく、また楽しんで読んでもらえます。

読者にメールが読まれているか確認する方法

メールがちゃんと読まれているかどうかを確認することは非常に重要です。

というのも、たくさんメールを頑張って送っていたのに全く読まれていないと売上も立たないからです。

では、どのようにメルマガの開封率を確認するのかというと、短縮URLを活用していきます。

短縮URLとは、URLのクリックを計測できるように独自のURLに変換する機能のことを指します。

ASP型のメルマガ配信スタンドには基本的に標準でその機能が備わっておりますので、それを活用することで短縮URLを作ることができます。

そして、メルマガ内の短縮URLがクリックされる事で、そのメルマガが読まれているかどうかの判断ができるようになります。

メルマガ配信スタンドごとに設定の方法は異なりますが、私が活用しているマイスピーの場合ですと、チェックボックスにチェックを入れるだけで短縮URL化ができるので非常に簡単です。

そして、クリック率を見て、あまり読まれていないようであればメルマガタイトルの変更や、内容の文章を変更していきましょう。

セールス前に何通のメールを送るのが最適なのか?

信頼構築のメールですが、具体的に何通くらい送ればいいのか?という質問を多く頂きます。

そこに明確な決まりはないですが、中身の薄いメルマガを数多く送っても意味はありません。

ここで大切なのは、設定したあなたのメルマガ読者ターゲットの悩みを解決するためには何通くらい送ればいいかを考えることです。

つまり、逆算してメルマガの本数を考えるということです。

例えば、ワードプレスの作り方に関するメルマガを発行するとしましょう。

その場合は、

ワードプレスとは?

ワードプレスのメリット・デメリット

独自ドメインの取得

などなど。

色々と段階を踏んで取り組む必要があります。
そして、それらを1メルマガ1テーマで伝えていきます。

一気に数多くの情報を詰め込み過ぎてしまうと、読者も消化不良を起こしやすいので丁寧に着実に伝えていくことが大切です。

そうった形で、講座形式にしてメルマガを発行していくとブレない内容を届けやすくなるのでオススメです。

メルマガのネタがない時の探し方

メルマガを始める際、配信していく記事の内容に迷う人も多いと思います。

また実際に発行してからは「ネタ切れ」という問題に直面することもあります。メルマガの記事はどのように作っていけばいいのでしょうか。

オススメの方法としては、「連想ゲーム」です。

まずメルマガのテーマに関連するキーワードを一つ選びます。そしてそこから連想されるワードを思いつく限り書き出していき、そのワードを使って記事を書いていきます。

例えば、「成功」というキーワードであれば、「方法」「お金」「マインド」などが連想できます。

これらはメルマガのテーマにも関連しているワードなので、記事も比較的書きやすいはずです。
連想ゲームは簡単で非常に使えるので、ネタ探しに困った際はぜひ活用してください

3、セールス

セールスは読者に行動をしてもらうステップになります。

つまり、アフィリエイトした商品を購入してもらったり、無料オファーであれば登録をしてもらったりですね。

信頼関係の構築がしっかりできていれば、セールスは実はそこまで難しくありません。

なぜなら、あなたが言うなら行動してみようかな?と思わせることができればいいだけだからです。

その際に重要なのは、アフィリエイトした商品が本当に読者のためになる。ということを自信を持って伝えることです。

つまり、セールスに対して後ろめたさを持たないということですね。

人に何かを売るということに対して、ビビる人が多いです。

慣れていないからこそ仕方ないかもしれませんが、そこは振り切ってしっかりと読者のために紹介をしていきましょう。

その自信は文章に絶対に現れます。
熱を持って紹介するのと、自信がないまま伝えるのでは雲泥の差となります。

もし、自信がない。という方は色々な方のセールスにまず触れてみましょう。

自信のない人からのセールスと自信を持った人からのセールスではどちらがいいか、客観的に分析してみると見えてくるものが多いはずですよ。

なお、セールスにはステップメールをぜひ活用していきましょう。

セールスの成約率を上げるコピーの書き方

セールスがなかなかうまくいかない際には、今一度じっくりとセールスの文章を読んでみましょう。

メルマガ登録のLPと同じように、そのセールスした商品を手にした際の読者のメリットやベネフィットがわかりやすく伝えられているのか?

そして、セールスの際に必ず伝えるべき言葉もあります。

それは、

”限定性”

です。

人が購入を見送る理由で多いのが、今買わなくてもいつでも手に入るからという想いです。

それを未然に防止するのが、セールスの言葉に限定性を持たせることです。

例えば、今なら〜%オフです!とか、在庫がようやく入ったようなので、無くならないうちに手にしてください。などですね。

今買うべき理由を伝えてあげることです。

ぜひ意識してみてください。

売上を自動化させるステップメールとは?

ステップメールとは、事前に複数のメルマガを作成し配信日を設定しておくことで、順番に自動的に配信してくれるメールです。

メルマガに登録したばかりの読者に対して送ることが効果的とされており、メルマガを始める際には事前に準備しておく必要があります。

基本的にステップメールの内容は、メルマガ本編の内容と揃えます。

メルマガは「自分の持つ専門性を使って読者の悩みに答えていく」という内容が一般的ですので、その場合はステップメールも同様の形態にします。

ステップメールは登録したての読者の心を惹きつけておくために重要なツールです。そのためできるだけ読者が共感できる内容を盛り込みましょう。

例えば「私も大変でした」といった自分の苦労話も有効です。
読者が知りたいと思う「ノウハウ系の話」も反応はいいです。

ステップメール作成の際は、読者が共感し、もっと知りたいと思うような内容を意識するようにしましょう。

また、一度完成したからその後何もしないのではなく、読者がある程度増えたら内容を見返したりして改善も繰り返して反応率を徐々に上げていきます。

セールスのパートも含めて、ステップメールを構築することで読者が集まれば集まるだけ自動的に売上が発生していくのが非常に魅力ですので、ぜひ構築をしていきましょう!

売上を最大化させるメルマガテンプレート

ステップメールで売上を上げるために実際にどのような流れでメルマガを書けばいいのかを具体的に解説させて頂きます。

今回例として上げるものはアフィリエイトでお金を稼ぐ方法を伝える内容を伝えるメルマガにしております。

ターゲットはこれからアフィリエイトに取り組みたい人です。

1通目:アフィリエイトの仕組みとは?

2通目:アフィリエイトで稼げる人・稼げない人の違い(マインドなど)

3通目:アフィリエイトで稼ぐために必要なもの

4通目:ワードプレスの準備方法

5通目:具体的な記事の書き方

6通目:ASPの登録のやり方

7通目:アクセス分析のためにアナリティクスを入れる方法

8通目:サイトの分析方法

9通目:効率的に記事をアップするための外注戦略

10通目:まとめ

このような流れでまずはアフィリエイトのやり方を講座形式で教えていきます。

ここで注意しなければいけないのは、出し惜しみをしないということです。

結局、ここで中途半端な情報を伝えてもあなたのことを読者は信頼しづらくなります。

この後にセールスを行なっていきますが、その際にはセールスする商品が読者の悩みを解決するということを伝えることが重要です。

例えば、その商材を使えば時間を大幅に短縮できるので早く稼ぎたい人は使った方がいいということなどですね。

お金を出すだけの理由を伝えることがとても重要です。

せどり・転売で稼いでいる人が情報発信で稼ぐためには?

私のメルマガ読者にもせどりや転売で稼いでいる人が多くいらっしゃるのですが、情報発信は必要かどうか質問をよく頂きます。

私の意見としては、せどりや転売で数万円でも稼いでいるなら情報発信を始めることを強くオススメします。

せどりや転売などと異なり、情報発信はほぼ元手がかかりません。

それにamazonなどの特定のプラットフォームに頼った稼ぎ方ではないので、第二の収入の柱として早めに取り組んでおくと後々大きな資産となって返って来ます。

メルマガは読者が集まってから書けばいいの?

メルマガアフィリエイトに取り組む際に、よく質問をいただくのがこれです。
読者が集まってからなのか?それとも事前にメルマガ記事を用意しておくのか?

人によってやり方は様々あると思いますが、個人的に強くオススメするのは、あらかじめメルマガを書いておくことです。

というのも、読者が集まってきて慌てて書いた文章ってどうしても雑になりがちです。

それよりは事前にメルマガを準備しておいて、そこに読者を集客していくほうが反応は取りやすいです。

ちなみに、事前に書くメルマガの記事はブログにも記載しておくことをオススメします。

メルマガで書く内容をブログに書いてもいいの?と思われるかもしれませんが、全部のブログ記事を読んでくれることはまずありえません。

つまり、あなたのメルマガと同じ内容があってもそれを知ってる可能性はほぼないわけです。

せっかく作った記事はフル活用するのを強くオススメします。

メルマガアフィリエイトで稼ぐために最も重要なこと

メルマガアフィリエイトで稼ぐために重要なことは、ネットの向こう側には人がちゃんといると認識しておくことです。

つまり、リアルで人と会うのと変わらないんですね。

そこが見えているかどうかで、アフィリエイトで稼げるかどうかが決まるといっても過言ではないので、ぜひ意識しておきましょう!

7日間無料で質問し放題!

0から始めるアフィリエイトスタートアップ講座
300分以上の動画コンテンツだけでなくツール、テンプレートもプレゼント